teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re:ねこちゃんたすけて

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月14日(月)19時30分4秒
  222さん、投稿ありがとうございました。

保健所に収容されている犬や猫たちの命、少しでも助かるといいですね。
普段は主に野生動物を追いかけている小生が思うに、ペットの動物たちはある意味で不憫だと思います。
人間の勝手な都合で飼われて、野生の世界を知らずに死んでいくのですから…
それでも、同じ命である以上、彼らの幸せを願わずにはいられません。
サイト「ペットのおうち」にアクセスしてくれる人が増えるといいですね。
今後とも、よろしくお願いします。

http://www.ab.auone-net.jp/~katsy/

 
 

ねこちゃんたすけて*Δ・

 投稿者:222  投稿日:2017年 7月30日(日)00時52分26秒
  保健所にいれられて・
きょう あした あさって・
しぬねこちゃんや・

とりさん さかなさん ・
うさぎさん ハムスターさん・
いろんなどうぶついます・

場所ちかいひと・
とおいところでも・
いけるひとたすけて*Δ・

リンク先ページ・
「保健所収容ペット」・
タッチ クリックして・
期限順に・
ならびかえするとみれます・

おねがいします・


上のコピペ広めてほしいです
たすけられるひとの目にとまれば
たすけられる動物さんも増えるので
よろしくお願い致しますm(_ _)m・Δ*

http://www.pet-home.jp/cats/sortlimit/

 

ようこそ、YUママさん

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 1月16日(月)23時51分11秒
  YUママさん、こちらこそ初めまして!
また、新年早々に書き込みありがとうございました。

マヌキさんとはお互いに動物写真の撮影に没頭する同好の士として古い掲示板の頃からお付き合いをさせてもらってきました。
ただ、マヌキさんが主に動物園の動物たちを撮り続けているのに対し、小生の方はもっぱら野生動物を対象にしているという点で若干の棲み分けはありますが…
そんなマヌキさんも北海道に住まわれるようになり、ご近所での野生動物撮影を始められたこともあって、そんなことが小生にとっても撮影の励みになっているわけです。
なので、自分のサイトの更新時など、節目節目にマヌキさんの掲示板にも書き込みをしていきたいと思ってはいます。

まあ、そういうことで今年も、そして今後ともよろしくお願いします!!

http://www.ab.auone-net.jp/~katsy/

 

マヌキさん復活

 投稿者:YUママ  投稿日:2017年 1月12日(木)21時51分54秒
  こちらでは初めまして こんばんわ。
マヌキさんの掲示板で時々お見かけしていました。

マヌキさん よくなって戻ってきました。
まだまだリハビリは長いようですが
うさぎさんと暮らし始めて 明るさも戻ってきています。

お時間ありましたら マヌキさんの掲示板にも来てください。
取り急ぎご連絡まで。
Katsyさんにとって良い年と歳でありますよう 願っています(^ ^)

 

面白いですね。

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 3月14日(月)15時29分18秒
  さとにゃんさん、投稿どうもありがとう。

変顔の猫たちの写真は、本物か合成か?!
なんてことは、この際気にせずに楽しみましょう。
さとにゃんさんはお名前から察するにネコ族が好きなんでしょうか?
もしまた、気になることが出てきたらどんどん書き込んでください。
お待ちしてま~す!!

http://www.ab.auone-net.jp/~katsy/

 

面白アニマル記事作りました

 投稿者:さとにゃん  投稿日:2016年 1月31日(日)21時15分3秒
  読んで笑って楽しめます

http://matomail.biz/matome/730

 

オバマ大統領はイラク戦争終結宣言を・・・

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 3月30日(土)04時04分45秒
  オバマ大統領はイラク戦争終結宣言を・・・

http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p008.html#page185
http://book.geocities.jp/conspiracycalendar/02/Y01/jre009.html#1214

この日は、アムンゼンの南極点到達の100周年記念日だった。
オバマの誕生日は「南極条約」とも一致している。
しかも、オバマは明らかに、アムンゼンに似ている。
(仮説を含む)

( http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/01/p003.html )
 

チンパンジーのこと

 投稿者:管理者  投稿日:2012年 5月30日(水)01時19分42秒
  ゆきこさん、いつも書き込みどうもありがとう!

おっしゃるように、小生はお目当ての野生動物と出会う瞬間が一番感動します。
その感動を永遠に記録しておきたくて、いつもカメラを持ってフィールドに出向きます。
野生動物たちの一瞬の表情を切り取ることができるのは最高ですネ!

さて、ゆきこさんはズーラシアのチンパンジーたちに感動されたとか…
ズーラシアのチンパンジーといえば、先日の「金環日食」のときにどんな反応をするかに世間の注目が集まっていましたが、結局普段と比べてあまり変化がなかったようでチョット残念でした。
本来チンパンジーは、道具を使う数少ない種類の動物として知られていますが、感情表現も豊かでいかに知能が高い動物かということがわかります。
その人間並みの豊かな表情でチンパンジーは動物園などでも人気者ですが、実は野生下では他の種類のサルを襲うハンターとしてダークな、というかハードな一面も持ち合わせています。
事実、かつて小生が訪問したウガンダでは、チンパンジーの群れが暮らす保護区には他の種類のサルたちはいませんでしたし、逆に他のサルたちが住む湿地にはチンパンジーたちは見当たりませんでした。
野生のチンパンジーは、完全な草食性のゴリラやオランウータンと違い、肉食を好む傾向にあるといわれています。
知能が高く、チームで協力して狩りを行うことができるチンパンジーたちは、おそらくジャングルでも最強の動物群でしょう。
もしかすると、他の動物たちを捕殺することを楽しんでさえいるのかもしれません。
動物園でも、そんなことを考えながらチンパンジーを観察してみるのもいいのでは?

ところで、ゆきこさんのお住まいは横浜なんですか?
ズーラシアまで車で5分とは、いい環境ですね。

そして、ゆきこさんのサイト「クリちゃんの生活」も見に行きますね~!!
 

チンパンジー!

 投稿者:ゆきこ  投稿日:2012年 5月18日(金)07時47分33秒
  Katsyさん。
おひさしぶりです。
南極のお話をされているKatsyさんは、本当に、生き生きと、輝いていらっしゃると、感じます。
大好きな、野生動物を撮影!
その、間の大変な苦労も吹き飛ぶような、感動の瞬間!
書き込みの中に、気持ちがあふれていて、感動が伝わってきます。
そして、私も、ものすごい感動をしたデジカメ写真で、自分のHPに、アップしたので、よろしかったら、見てくださいませんか?
「クリちゃんの生活」で、検索すると、出てくると、思います。
ズーラシアに行ったとき、八人?いるチンパンジーたちの、屋外展示場に、
行ったとき、私が、いるガラス窓に、可愛い若い女の子が、
寄ってきて、話し掛ける私の目を見つめているいい、写真です。
ゴリラ、チンパンジー、オランウータンなど、類人猿は、ニホンザルと違い、目を合わせても、決して、怒らず、話し合いができるといわれています。
しみじみ、感動した時間でした。
一月に生まれた、フクちゃんという可愛い女の子がお母さんに、抱かれて、あちこち、手を伸ばしている、可愛いところも、見てきました。
いえから、車を飛ばして5分でいけるズーラシアは、私野、心のオアシスなんです。
 

南極というところ

 投稿者:管理者  投稿日:2012年 4月28日(土)02時24分45秒
  マヌキさん、小生の掲示板へようこそ!

南極の写真、お楽しみいただいたようで、小生嬉しい限りです♪
お察しのとおり、南極というエリアは非常に特殊な環境でした。
2月は南極では夏にあたりますが、晴天で風がなければヤッパリ暑いんです。
南極クルーズでは、極地仕様の厚手の防寒ジャケットやパンツ、長靴を船が貸してくれますが、それらを着込んでいると汗ばむほどでしたね。
それでも、流氷の近くは結構寒かった!
また、天候が崩れて強風や吹雪の時などは、外気温が氷点下になりますからかなり寒い(冬の北海道くらい?)!
防寒具は当然必要なんです。
特に2月という時期は、南極の季節の変わり目だったこともあり、天候はとても不安定で困りものでした。

南極地方はそんな特殊で苛酷な環境なので、住める生き物も限られてきます。
ただ、系統にこそ偏りはありますが同系統の動物であっても、種類数や個体数は圧倒的に多いのが特筆すべき点でしょうか。
ペンギンなどもオーストラリアや南米、アフリカの南端部に比べると種類と数がはるかに多い。
中でも、マヌキさんの目に留まったヒゲペンギンは、ペンギン類の中でジェンツーペンギンと並んで頻繁に撮影する機会があったペンギンです。
英名を直訳すると「アゴヒモペンギン」と呼ばれるように、後頭部から顎にかけての黒いラインがユニークで印象的ですよね。
シャチは、南極一帯では食物連鎖の頂点に君臨している動物ですが、頭がよく決して人間を襲わないということをクルーズのナチュラリストスタッフから聞いていたので、近くでも全然怖くはありませんでした。
きっと、シャチのその頭のよさ(観察力や判断力など)が彼らを南極の覇者にしたのでしょう。
そしてミナミゾウアザラシですが、巨体どうしをぶつけてスパーリングのような行動をするシーンは、やはりすごい迫力でした!
こちらは、たとえ陸上にいて動作が鈍くても巨大で危険なので、相手とは距離をとらなければなりません。
オットセイと一緒に写っている写真を見てもらえれば一目瞭然ですが、オットセイの体長がほぼ1.2~1.5メートルなので、ゾウアザラシはかなり大きい!!
おそらく、陸上で彼らの居眠りを邪魔するものはいないでしょう。

そんなわけで、南極エリアで見てきた印象を述べてみましたがいかがでしょうか?
南極という場所に、また興味が出てきました?
小生のギャラリーをご覧になって、少しでもマヌキさんに南極を楽しんでいただければ幸いです。

 

レンタル掲示板
/19