teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 8月23日(火)07時30分3秒
  10年前のH.18.8.23は

http://ashiyayujin.on.coocan.jp/newtopics08.23.html
 
 

10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 8月 9日(火)09時57分57秒
  10年前のH.18.8.9は

http://homepage2.nifty.com/asiyaakb/newtopics08.09.html
 

尾瀬奥只見南会津車中泊の旅-3

 投稿者:酔髯爺  投稿日:2016年 8月 3日(水)14時02分56秒
  7月8日(金) 晴 小出-入広瀬-只見町-会津塩沢-南会津町 道の駅きらら289 入浴・夕食・車中泊 128㎞
6時起床、炊飯朝食後、JR只見線沿いに走り越後須原で豪農の目黒邸を見学後、越後ゆきくら館で酒蔵見学、残念ながら利き酒は許されなかった。只見町に入り田子倉ダムを見て、会津塩沢の河合継之助記念館をじっくり見学。南会津町に入り、道の駅きらら289に3時半過ぎ着。入浴・夕食・車中泊

7月9日(土) 晴れ時々雨 道の駅-下郷-塔のへつり-大内宿-下郷-白河IC-東北道-首都高-湾岸習志野IC-千葉 332㎞ 次男邸泊
5時起床、炊飯朝食後7時過ぎ出発。下郷町に入り、塔のへつりを見学、川岸が侵食され珍しい景観だった。大内宿に9時前に着いたがすでに半分ぐらい駐車場は埋まっていた。大内宿は会津と日光を結ぶ下野街道の宿場町で、脇街道であったあため、明治以降も開発から残され、昔の儘に残っていた。1時間半ほど散策し、白河に出て東北道に乗り、千葉に夕方到着した。

7月10日(日) 晴 千葉-横浜-横浜町田IC-東名-新東名-伊勢湾岸-新名神-名神-神戸 562㎞
千葉を8時過ぎ出て、横浜の長男邸で孫娘と孫息子に会い、2時間ほど遊んで、帰路へ。5時半過ぎ帰宅。疲れました。

写真1枚目 塔のへつり
写真2枚目 大内宿 街並み
写真3枚目 大内宿 宿場町を見下ろす見晴らし台からの街並み
 

尾瀬奥只見南会津車中泊の旅-2

 投稿者:酔髯爺  投稿日:2016年 8月 3日(水)13時12分51秒
  7月6日(水) 晴 尾瀬ロッジ…牛首分岐…ヨッピ吊橋…東電小屋…赤田代分岐…平滑ノ滝…三条の滝…ウサギ田代…燧裏林道…御池ロッジ泊 徒歩17㎞
前日の予報では9時ごろまでは晴れるがその後は雨になるとのことで、5時半起床、6時朝食で6時半過ぎには出発した。燧裏林道に着くまで雨を避けたかったので、牛首までハイピッチで歩き、ヨッピ吊橋、東電小屋と木道を歩き、山に入り平滑ノ滝に9時過ぎに着いた。木立が邪魔で滝がよく見えない、ここからがれ場のような急坂を上り下りして三条の滝展望所に11時着。雨が心配で15分ほどでウサギ田代への急登へ出発。雨の恐れはなくなったが、急登の連続でヘロヘロになりながら11時ごろ到着。昼食後燧裏林道の緩やかな登りをひたすら歩き、峠を越えて2時過ぎ御池着。疲れました。御池ロッジに入り、すぐ風呂と思ったのにボイラー修理中とかで4時まで待たされた。5時ごろ雨が降りだした。

7月7日(木) 晴 御池ロッジ-神蜂展望台-奥只見シルバーライン-奥只見ダム-銀山平-枝折峠-小出 道の駅ゆのたに泊 102㎞
前夜の雨は残っていたが8時過ぎ奥只見に向けて出発。奥只見シルバーラインの長いトンネルを抜けるとダムサイトに着いていた。遊覧船の時間まで奥只見電力館を見学。11時半の遊覧船に乗り、奥只見湖を一周。ガスがかかり平が岳も燧ケ岳も見えなかったが、北欧のフィヨルドの様で美しかった。下船後昼食をとり、銀山平から旧道を走り枝折峠を越えて魚沼市小出の薬師温泉で入浴夕食。道の駅ゆのたにで車中泊。

写真1枚目 尾瀬の池沼に映る燧ケ岳
写真2枚目 三条の滝 尾瀬の水を集め只見川に流れる落差73m、幅30mの名瀑
写真3枚目 奥只見湖の湖上遊覧船 一応外輪船です 奥の方に平が岳があるはず
 

尾瀬奥只見南会津車中泊の旅-1

 投稿者:酔髯爺  投稿日:2016年 8月 3日(水)11時39分37秒
  7月3日(日) 晴 神戸-新名神-伊勢湾岸-新東名-圏央道-東北道-宇都宮IC 647㎞ 道の駅うつのみやろまんちっく村 入浴・夕食・車中泊
7時に神戸を出て、御在所SAで休憩、駿河湾沼津SAで昼食、佐野SAで給油、647㎞を一気に走り、道の駅うつのみやに15:20着。酷暑の中何とか10時過ぎには眠れた。

7月4日(月) 晴のち雨 道の駅-宇都宮IC-西那須野塩原IC-桧枝岐村・御池ロッジ=沼山峠…大江湿原…尾瀬沼…沼尻往復・尾瀬沼ヒュッテ泊 145㎞ 徒歩10㎞
5時過ぎ天井を打つ大雨の音で目が覚め、小やみになったところで炊飯朝食。7時過ぎ出発し、塩原から桧枝岐村へ。途中大桃の舞台を見学して、御池ロッジの駐車場に10:07着。10時半のシャトルバスで沼山峠へ。峠のバス停に10:45着。11:15沼山峠展望台(1700m)で昼食。だらだら下るうち大江湿原に入り、ワタスゲの群生の中ちらほらニッコウキスゲが咲き始めていた。12時半尾瀬沼ビジターセンター着。尾瀬沼ヒュッテに荷物を預け、降り出した雨の中カッパと傘で尾瀬沼北岸を沼尻まで往復。尾瀬沼ヒュッテに3時前に入り、石鹸が使えない風呂に入りすることもなく、6時の夕食をとり、すぐ就寝。

7月5日(火) 雨のち晴 尾瀬沼ヒュッテ…尾瀬沼南岸…沼尻…見晴…竜宮小屋…牛首分岐…尾瀬ロッジ泊 徒歩15.5㎞
6時半に朝食をとり出発。雨の中尾瀬沼南岸を歩き始め、三平下あたりで小降りになり、大清水下あたりで雨は上がったが、尾瀬沼越しの燧ケ岳は雲にかかって頂上は見えなかった。9時沼尻に着く頃には晴れ間も出て、段小屋坂を越えて、11時見晴のビジターセンター着。防災食の五目御飯で昼食。ここからは尾瀬ヶ原散策のメインロードで高校生の団体や、観光客や、山歩きの人たちも多く、混雑する木道を左右の小さな花を見ながらゆっくり歩き、山の鼻の尾瀬ロッジに2時過ぎ着。入浴後早めの夕食をとり、することもなく早々に就寝。

写真1枚目 大桃の舞台 江戸時代に農村歌舞伎が行われていた茅葺屋根の舞台。重文
写真2枚目 尾瀬沼南岸から見た燧ケ岳
写真3枚目 見晴から竜宮小屋へ歩く途中、木道の奥の燧ケ岳。
 

10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 8月 1日(月)06時54分53秒
  今年の夏山は中止になりましたが、10年前の8月1日・2日と白山に行っています。

http://homepage2.nifty.com/asiyaakb/newtopics08.01.html
 

10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 7月26日(火)06時33分35秒
  10年前のH.18.7.26は

http://homepage2.nifty.com/asiyaakb/newtopics07.26.html
 

10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 7月11日(月)09時55分49秒
  10年前のH.18.7.12は

http://homepage2.nifty.com/asiyaakb/newtopics07.12.html
 

10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 6月28日(火)07時05分57秒
  10年前のH.18.6.29は

http://2nd.geocities.jp/yujinakb/newtopics06.28.html
 

10年前

 投稿者:雄人  投稿日:2016年 6月21日(火)07時15分19秒
  10年前のH.18.6.21は

http://2nd.geocities.jp/yujinakb/newtopics06.21.html
 

レンタル掲示板
/57