teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


記念植樹など創立15周年記念行事行う 

 投稿者:事務局長  投稿日:2017年10月23日(月)17時38分47秒
編集済
   当会は、10月に創設15周年を迎えました。10月21日(土)に、3部に分けて記念行事を行い、第1部として、中郷温水地公園に白雲木3本を記念に植えました。

 この日は、あいにくの雨天でしたが、午後1時30分に当会会員、賛助会員、三島市水と緑の課など20人ほどが参集、セレモニーの後、3か所に既に支え木で支えられ、土を被せるばかりになっていた白雲木に全員で少しづつ土を被せました。公園から眺められる富士山と調和のとれた真白い花が咲く日が待たれます。

 記念植樹を終えた後、本町「呉竹」で第2部として記念集会を行いました。理事長、来賓あいさつ後、当会発足からずっと中心的役割を果たしてきた須田徳男副会長が、三島緑の会15周年の歩みを講演、次いで、第13次緑の協力隊参加者7名から活動報告がありました。

 最後を飾って、ステラ・フォーレ・アンサンブルユニット・Yの3人によるマンドリン、マンドラー、ギターの合奏で、12曲を演奏、その内6曲は日本の唱歌を演奏に合わせみんなで合唱し、楽しいひと時を過ごしました

 第3部は、懇親会とし、お酒も入って和やかに親交を深めました。「写真はブログに掲載」
 
 

第13次緑の協力隊 無事帰国

 投稿者:事務局長  投稿日:2017年 9月 1日(金)14時36分34秒
   第13次緑の協力隊は10名で構成、8月22日に静岡空港を出発、23日、24日にかけて中国モンゴル自治区恩格貝クブチ沙漠の三島の森で植樹活動を行いました。
 植樹活動を終えた隊員一同は、蘇州などを見学し、28日に静岡空港に無事帰国しました。活動の詳細については、後日、写真などブログに掲載する予定です。
 

檜、杉の皮むき、かがや樹活動に6名が参加

 投稿者:事務局長  投稿日:2017年 7月11日(火)16時01分44秒
   台風3号が去った7月5日(水)午前8時に、ワゴン車で三島市役所を出発、予定時間の午前9時30分から現場の御殿場市柴怒田の山林で昼食を挟み約5時間かがや樹活動を体験、午後3時30分出発場所の三島市役所に戻りました。(詳細はブログに掲載)
 

緑化運動で市緑化運動推進協議会から表彰される

 投稿者:事務局長  投稿日:2017年 7月11日(火)16時00分34秒
   6月30日に行われた三島市緑化運動推進協議会定時会で、当会が、市内の緑化運動に努力していることが認められ、同協議会会長の豊岡三島市長から表彰状と記念品をいただきました。
 

創設15周年記念行事、第13次緑の協力隊派遣を決める=第5回理事会

 投稿者:事務局長  投稿日:2017年 4月 7日(金)09時25分20秒
   4月5日(水)午前、三島市民活動センター第一会議室で、第5回理事会を理事、監事全員出席して行われました。
 4月29日(土・昭和の日)に三島市民活動センター4階第3会議室で行う平成29年度通常総会に関し、28年度活動報告、同決算、29年度活動計画、同予算(案)について審議、これを承認し総会に上程することを決めました。
 また、当会創設15周年記念行事を10月21日(土)に行うこととし、内容的には、記念植樹、同講演会、交流会に分けて行うことにしました。
 第13次緑の協力隊については、8月22日(火)から27日(日)に中国モンゴル自治区恩格貝クブチ沙漠へ派遣することとし、近く参加者を募集することになりました。
 

山元町に桜の苗を植林=第5回東日本大震災 復興植林活動に40名参加

 投稿者:事務局長  投稿日:2017年 4月 7日(金)09時23分12秒
   第5回目の東日本大震災 復興植林活動は、3月31日(金)、三島緑の会がゲスト3名を含め14名、日本沙漠緑化協会が26名、合わせて40名が参加しました。
 午前11時半過ぎ仙台駅に集結、貸し切りバスで宮城県亘理郡山元町へ、途中、和風レストラン「田園」で昼食、その後、昨年と同じ老人憩いの家に隣接した小平農村公園に「ミシマザクラ」20本、茨城県産「神代曙」30本、合計50本の桜苗木を植樹しました。
 植樹が終わった後、この公園に土地を提供している曹洞宗「鳳仙寺」で、東日本大震災で近所の多くの方々が犠牲になり、自らも被災した語り部の庄司あいさんから、2011年3月11日の生々しい津波襲来による被災状況について伺いました。
 その後、昨年と同じ「亘理いちご園」を訪れ、美味しいイチゴをたっぷり食べてから、今夜の宿となる秋保温泉に向かい、一昨年と同じ「ニュー水戸屋」に宿泊、夕食では、当会と実践協会のみなさんが楽しく交流しました。
 翌日は、9時30分に「ニュー水戸屋」を出発、仙台藩祖伊達政宗公を始めとした伊達家三藩主の霊屋、仙台市の瑞鳳殿を訪れ、ベテラン男性ガイドの説明を聞き往時を偲びました。
 見学を終え、恒例の「杜の市場」で、それぞれで昼食と買い物を楽しみ、バスは午後1時30分「杜の市場」を出発、仙台駅で流れ解散になりました。参加者のみなさま大変お疲れ様でした。(写真はブログに掲載)
 

復興支援植樹ツアー3月31日~4月1日に=第3回理事会開催

 投稿者:事務局長  投稿日:2016年12月 8日(木)12時01分55秒
   第3回理事会を12月7日(水)午前10時から11時30分まで、三島市民活動センターで理事7名が出席して行われ、第5回東日本大震災復興ミシマザクラ植樹ツアー、きため樹事業への協力、第13次緑の協力隊編成について協議しました。

 復興支援ツアーについては、今回も宮城県亘理郡山元町で、来年3月31日(金)、4月1日(土)の2日にかけて行うことになり、近日中に参加者の募集をすることにしました。

 NPO法人森の蘇りが行っている「きらめ樹」事業への協力については、同NPOの日程に合わせ、来年6月ごろ会員に参加を呼び掛けることにしました。

 第13次緑の協力隊については、今回も三島緑の会としての編成を目指しますが、参加者が少ない場合は、他団体に合流して行うことになりました。

 なお、来年度は当会発足15年になりますので、記念セレモニーを行うか否かについて、今年度中に理事会を開催して検討することになりました。
 

ビオラ1080株植える=今季3回目の花植えボランティア

 投稿者:事務局長  投稿日:2016年12月 6日(火)11時37分21秒
   12月3日(土)午前8時30分から9時15分まで、本年度3回目の三島市水と緑の課による花街道花植え作業があり、当会では、今回もボランティアとしてこれに参加しました。

 当会の会員、賛助会員、12名が、花街道三島緑の会コーナー約100米に一列4段にわたり、秋から春まで長期間咲く長寿の花で、紫、黄色のビオラ約1080株を植えました。

 今回の花植えは、11月27日(日)の当初の予定から、日程を変更して行われましたが、この日は穏やかな天候に恵まれ、富士山が雄大な姿で見守る中、参加者は手慣れた手つきで約50分の作業を終えました。写真:ブログに掲載
 

「森の蘇り」の活動」を学ぶ 10月2日に講演会

 投稿者:事務局長  投稿日:2016年 9月18日(日)16時21分2秒
   第1回理事会で、10月2日(日)の交流会に合わせ、富士宮のヒノキ伐採事業きらめきの活動について、現地見学を検討しましたが、今回は、これに代えて、この活動を推進しているNPO法人「森の蘇り」から講師の派遣をいただき講演会を開催することになりました。

 当日は、午後4時から講演会、5時から緑の協力隊報告会、5時30分から交流会を行うことになりました。場所は、三島市広小路「登喜和」です。
 

新事業など検討、交流会は10月2日に=第2回理事会

 投稿者:事務局長  投稿日:2016年 8月 8日(月)10時35分56秒
   8月4日(木)三島市民活動センター4階第3会議室で理事7名が出席し第2回理事会を開催、来年度当会創設15周年記念事業の検討、東北復興桜植樹バスツアーの早期募集、富士宮のヒノキ伐採事業きらめきへの参加検討、会員・賛助会員交流会を10月2日(日)に開催することなどを決めました。きらめき事業については、10月2日午後、交流会の前に現地を視察することになりました。
 

レンタル掲示板
/20