teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大学・高校の選手登録

 投稿者:ロク3  投稿日:2019年 4月13日(土)22時03分41秒
返信・引用
  選手のユニフォームナンバーは、年度の日本協会のチーム・選手登録で決定します。
ある大学の選手のユニフォームナンバーが、記録を調べると同一の年度で変更されている
ことがありました。チームに日本協会登録の変更をしたのか問い合わせをしてみると、
日本協会への選手登録したユニフォームナンバーに関わらず、大会ごとにユニフォーム
ナンバーを決めているとのことで、大学・高校のチームでは許されていることだと
話されていました。

日本ソフトボール協会が開催する大会の予選会等で、登録されたユニフォームナンバーに
関わらず、大会ごとにユニフォームナンバーを決めることができるということは、
どのような理由で認められているのか、お教えいただけないでしょうか。

よろしくお願いします。


 
 

Re: 初めての投稿です

 投稿者:とっと  投稿日:2019年 3月 5日(火)23時09分30秒
返信・引用
  ロク3さんへのお返事です。

ログ3さん、ご回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

> とっとさんへのお返事です。
>
> > ライトにフライが上がり、ライトの選手がこのフライをグローブに当て落球。ボールは転々と転がりデッドゾーンを越えました。
> > ボールがデッドゾーンを越えたのでバッターランナーは二塁へ行きました。
>
> ライトの落球ですから失策と、その失策による進塁。
> ボックスの一塁の欄に、ライトフライ失策「9(に飛球記号)E」を、
> 二塁の欄に矢印「↑」を記帳するのでどうでしょうか。
 

Re: 初めての投稿です

 投稿者:ロク3  投稿日:2019年 2月28日(木)20時44分28秒
返信・引用
  > No.595[元記事へ]

とっとさんへのお返事です。

> ライトにフライが上がり、ライトの選手がこのフライをグローブに当て落球。ボールは転々と転がりデッドゾーンを越えました。
> ボールがデッドゾーンを越えたのでバッターランナーは二塁へ行きました。

ライトの落球ですから失策と、その失策による進塁。
ボックスの一塁の欄に、ライトフライ失策「9(に飛球記号)E」を、
二塁の欄に矢印「↑」を記帳するのでどうでしょうか。
 

初めての投稿です

 投稿者:とっと  投稿日:2019年 2月25日(月)21時47分8秒
返信・引用
  初めて投稿させて頂きます。宜しくお願いします。

小学生の試合での出来事です。
ライトにフライが上がり、ライトの選手がこのフライをグローブに当て落球。ボールは転々と転がりデッドゾーンを越えました。
ボールがデッドゾーンを越えたのでバッターランナーは二塁へ行きました。

この時のスコアーの付け方はどうなるのでしょうか?

ご回答宜しくお願いします。
 

Re: はじめまして

 投稿者:ヒマ人  投稿日:2018年11月23日(金)03時32分22秒
返信・引用
  ▼「外野飛球で普通に取れる球を落とした場合はエラ-との判断をしておりましたが、「グラブに触れなければ安打でしょ」と言う事を言う人がいるので、ル-ルブックで教えてあげようと思いましたが該当する文面が無く、“12-4項 安打の1”に「野手に触れる前にグランドにとどまったり・・・安全に1塁に達した時」としか書いてないのですが。 すると、私がエラ-との判断は間違えなんでしょうか?」

△どうなんでしょさんへのお返事です。

 ルール的な話は別として,今回の事例において私が当事者(担当記録員)であれば,どうなんでしょさんと同様「失策を記録する」と思います.

 そもそも失策とは,
 ①守備者が普通に守備すれば捕球できる打球なのに,それを捕球しきれず(せず)打球をグラウンディングさせ,走者を生かすか,または余計な塁への進塁を許した.
 ②守備者が普通に送球すれば走者をアウトにできたのに,それをしきれず悪送球し,走者を生かすか,または余計な塁への進塁を許した.
が根底であるはず.

 どうなんでしょさんの事例では「普通に取れる球を落とした場合…」とありますので,①に該当することから,前述のとおり私は“失策”を記録すると思います.

 “12-4項 安打 1”にある「野手に触れる前にグランドにとどまったり…」というのは,例えば打者が絶妙なバントをして守備者が守備するのを見送り,塁線際に打球が留まるとか,打者の打球があまりにもボテボテで勢いが弱く,同様に塁線際あるいは野手の間に留まるような打球を言っているのであって,今回の事例には該当しないのでは?

 また安打とするか失策とするかの判断に「グラブに打球が触れたか? 触れていないか?」はあまり重要視する必要はないのでは?
 例えば,守備者の真正面に転がって来た,痛烈ではない遊撃ゴロの打球が,守備者のグラブに触れることなく遊撃手の股間を抜けて左翼手の前に転がって行った場合,どう記録するでしょう…?
 通常であれば,守備者の真正面に転がった痛烈ではない(普通に守備できる)打球を逸してしまったわけですから,安打は記録せず,失策を記録しますよね…?

 以上,やや長文になりましたが,参考になりますかな?
 

はじめまして

 投稿者:どうなんでしょ  投稿日:2018年 5月18日(金)14時31分26秒
返信・引用
  こんにちは

お聞きしたいのですが

外野飛球で普通に取れる球を落とした場合はエラ-との判断をしておりましたが

グラブに触れなければ安打でしょと言う事を言う人がいるので

ル-ルブックで教えてあげようと思いましたが

該当する文面が無く

12-4項 安打の1に

野手に触れる前にグランドにとどまったり・・・安全に1塁に達した時

としか書いてないのですが

すると、私がエラ-との判断は間違えなんでしょうか?
 

Re: 自責点0?1?

 投稿者:へっぽこマネ  投稿日:2017年10月 8日(日)00時11分44秒
返信・引用
  ヒマ人さんへのお返事です。

お返事、お礼が遅くなりすみません。
詳しく教えていただき、感謝です!
ありがとうございました!

> ▼「ノーアウト三塁(ヒットで出塁後、暴投・暴投で三塁へ)一塁(四球で出塁)で、一塁ランナーが盗塁、それを刺そうとしてキャッチャーが二塁へ送球するも送球エラーで後逸、その間に三塁ランナーが生還、盗塁した二塁走者も三塁へ進塁。
>  打者①が四球で再び三塁一塁になり、打者②が併殺の間に三塁ランナーが生還。 打者③はライトフライで3アウト。
>  この場合、私は自責点0としたのですが、盗塁がなかったとしたら併殺の間に1点入っているだろうから自責点1ではないかという見方もあり、判断に迷っています。
>  分かりにくい文章で申し訳ありませんが、意見をお願いいたします。」
>
> △へっぽこマネさんへのお返事です。
>
>  ◆1得点目の走者
>   単打で一塁出塁後,二進・三進はいずれも暴投によるものであり,三進までは自責点対象であるが,本塁生還は敵失によるものであるため,得点時では非自責点.
>
>  ◆2得点目の走者
>   四球で一塁出塁後,盗塁で二進 ⇒ 敵失で三進. 自責点対象となる進塁は二塁まで.
>   三進は敵失によるものであり,直後の併殺の間に本塁生還しているので,得点時では非自責点.
>
>  さて,走者の得点が「自責点として復活する要件」は,「アウトの機会が3つとなるまでに,安打(H)・四球(B)・死球(D)・暴投(WP)・不正投球(IP)の5つのいずれかのプレイがあること」は,ご存じのとおり.
>
>  今回の事例では,
>  ◆1得点目の走者の記録理論
>   ・無死から「単打で一進 ⇒ 暴投で二進 ⇒ 暴投で三進」の後,次打者=四球・次々打者=四球で,無死満塁(この走者は三塁にいるものと仮定).
>   ・しかしその後,アウトの機会が3つとなるまでに前記の「一つの進塁ができ得る自責点復活要件」がないため,この走者の得点は「非自責点」のまま.
>
>  ◆2得点目の走者の記録理論
>   ・無死から「四球で一進 ⇒ 盗塁で二進( ⇒ 敵失で三進)」の後,次打者=四球で,無死一・二塁(この走者は二塁にいるものと仮定).
>   ・しかしその後,アウトの機会が3つとなるまでに前記の「二つの進塁ができ得る自責点復活要件」がないため,この走者の得点は「非自責点」のまま.
>
>  以上により,「このイニングの得点は,“自責点=0”」と,私は考えますが.
 

Re: 自責点0?1?

 投稿者:ヒマ人  投稿日:2017年10月 5日(木)00時25分55秒
返信・引用 編集済
  > No.588[元記事へ]

▼「ノーアウト三塁(ヒットで出塁後、暴投・暴投で三塁へ)一塁(四球で出塁)で、一塁ランナーが盗塁、それを刺そうとしてキャッチャーが二塁へ送球するも送球エラーで後逸、その間に三塁ランナーが生還、盗塁した二塁走者も三塁へ進塁。
 打者①が四球で再び三塁一塁になり、打者②が併殺の間に三塁ランナーが生還。 打者③はライトフライで3アウト。
 この場合、私は自責点0としたのですが、盗塁がなかったとしたら併殺の間に1点入っているだろうから自責点1ではないかという見方もあり、判断に迷っています。
 分かりにくい文章で申し訳ありませんが、意見をお願いいたします。」

△へっぽこマネさんへのお返事です。

 ◆1得点目の走者
  単打で一塁出塁後,二進・三進はいずれも暴投によるものであり,三進までは自責点対象であるが,本塁生還は敵失によるものであるため,得点時では非自責点.

 ◆2得点目の走者
  四球で一塁出塁後,盗塁で二進 ⇒ 敵失で三進. 自責点対象となる進塁は二塁まで.
  三進は敵失によるものであり,直後の併殺の間に本塁生還しているので,得点時では非自責点.

 さて,走者の得点が「自責点として復活する要件」は,「アウトの機会が3つとなるまでに,安打(H)・四球(B)・死球(D)・暴投(WP)・不正投球(IP)の5つのいずれかのプレイがあること」は,ご存じのとおり.

 今回の事例では,
 ◆1得点目の走者の記録理論
  ・無死から「単打で一進 ⇒ 暴投で二進 ⇒ 暴投で三進」の後,次打者=四球・次々打者=四球で,無死満塁(この走者は三塁にいるものと仮定).
  ・しかしその後,アウトの機会が3つとなるまでに前記の「一つの進塁ができ得る自責点復活要件」がないため,この走者の得点は「非自責点」のまま.

 ◆2得点目の走者の記録理論
  ・無死から「四球で一進 ⇒ 盗塁で二進( ⇒ 敵失で三進)」の後,次打者=四球で,無死一・二塁(この走者は二塁にいるものと仮定).
  ・しかしその後,アウトの機会が3つとなるまでに前記の「二つの進塁ができ得る自責点復活要件」がないため,この走者の得点は「非自責点」のまま.

 以上により,「このイニングの得点は,“自責点=0”」と,私は考えますが.
 

自責点0?1?

 投稿者:へっぽこマネ  投稿日:2017年10月 1日(日)18時42分5秒
返信・引用 編集済
  初めて質問させていただきます。
ルールもよく分かってないので、トンチンカンなことを質問するかもしれませんが、よろしくお願いします。

ノーアウト3塁(ヒットで出塁後、暴投・暴投で3塁へ)1塁(四球で出塁)で、1塁ランナーが盗塁、それを刺そうとしてキャッチャーが2塁へ送球するも送球エラーで後逸、その間に3塁ランナーが生還、盗塁した2塁走者も3塁へ進塁。
打者①が四球で再び3塁1塁になり、打者②が併殺の間に3塁ランナーが生還。
打者③はライトフライで3アウト。
この場合、私は自責点0としたのですが、盗塁がなかったとしたら併殺の間に1点入っているだろうから自責点1ではないかという見方もあり、判断に迷っています。
分かりにくい文章で申し訳ありませんが、意見をお願いいたします。
 

Re: 三振の記帳の仕方

 投稿者:ナナシ  投稿日:2017年 7月19日(水)19時47分3秒
返信・引用
  > No.586[元記事へ]

ヒマ人さんへのお返事です。

> ▼「打者Aが2ストライクに追い込まれ、打者Bに交代したが結果三振。 この場合三振の記録は打者Aに記録されるということですが、打席数や打数は打者Bに記録するのでしょうか?」
>
>
> △ナナシさんへのお返事です。
>
>  1打席の中で複数の打者が打席に立ち,三振に終わった場合,「2ストライク目をとられた打者に,三振を記録する」ことは,ご存じのことと思います.
>
>  さて,お問い合わせの件ですが,この事例において「打席数」や「打数」が記録されるのは,三振を記録された「打者A」となります.
>  極端な話,その打順の最初の打席で,「打席数」も「打数」もない打者に三振だけが記録されているのは,おかしなお話ですよね.

たしかにそうですね(^_^;)ヒマ人さん返信ありがとうございます。
 

レンタル掲示板
/56