teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:70/122 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

NRD-545

 投稿者:rtty_blu_mntn  投稿日:2008年10月22日(水)12時03分15秒
  通報 返信・引用
  たまたま暇が出来てヤフオクをみていたら同機が出品されていまして、懐かしく思い検索をかけてここにたどり着きました。はじめまして。

私は昔同機のソフト開発に携わっていたものです。
発売には携わっていませんから、ユーザーの方からどう見えているかを今になって知ることができるのはありがたいです。

開発が終了し、離れてだいぶ経ちますがこんな使い方をしてくださっていたとは実に嬉しい限りです。
外部から操作する分には滅多なことは起きない「筈」なのでいろいろできると思いますしそれを想定した資料も公開しているはずです。RS-232Cインターフェースなどはユーザーに利用してもらおうと思いそれが可能なように、資料を作成したと思います。確か発売前には公開する予定でしたので、そうなっていると思いますが。。。

RTTYをはじめとするシリアルインターフェースなどはまさしく貴兄が実施されたようなメモリーチャネル管理の使い方も想定していました。
メモリーチャネルに番号だけでなく記号を付けるかできれば名称を、日本語表示を、などという意見も出ていたのですが、コスト的に断念せざるを得ませんでした。当時は大容量メモリーが高価な貴重品でしたから。液晶ディスプレイもね。代替として、シリアルインターフェースでのユーザ側制御ができることで貴兄のような方法をとれるようにと考慮してあります。
(RS-232Cのソフト、そもそもパソコンを用意できない方には大変申し訳なかったのですが、当時既にこの手のアマチュア機器ユーザはパソコンユーザでもある場合が非常に多かったので目を瞑らせていただきました、ネットでの個人製作ソフトもダウンロードが盛んになってきていましたし。)

当時、同僚ではないけれどお手伝いいただいた別の部署の方(その方も当然内部仕様を知っているしソフトも書ける)が、個人の趣味でいち早くパソコンに載せてシリアルでメモリーチャネル管理をパソコンから行うソフトをネット公開する予定とも聞いておりました。その後本当にアップされたかどうかは聞いていないのですが。

実は私もそれとは別に同様のソフトを自作したように記憶しております。RS-232Cでの制御の動作確認が目的でしたので使いやすいとはとてもいえませんし、日本無線株式会社の財産ですから申し訳ないけれど公開はできませんが。

ハード的にも結構いじりやすく出来ているとおもいますので、いろいろやってみてください。ただし心臓部のDSP関連基板はいじらない方がいいとおもいますが。。。
あ、アナログ部に手を出してノイズが酷くなったり同調しなくなったり、液晶の配線をいじろうとして感電したりしても知りませんよ、ご注意を。
電源部での感電など論外です。そこを判断できない方は絶対いじらないでください。コンセントを抜いていてもあのでかいコンデンサにたっぷり溜まっている、などが回路を見て分からない方はいじっては駄目です。あとふたを開けた状態、シールドケースを開けた状態で長時間通電すると、うまくアースを取らない限り本体が帯電してしまったりします。結構な電圧になりますのでえらくびっくりします。体に危険なほどの帯電量はないはずですが。これも分からない方はいじらない方がいいです。(製品版では対策済みかもしれません)

ベース基板から引き抜くときにも、梃子になる専用の冶具を使っていました。慣れれば手でも引き抜けますが、下手に斜めに抜くと端子が痛みやすいので気をつけてください。フロントパネルの表示制御部分と本体を切り離すときは間をつなぐフラットケーブルに極力負荷をかけないように。簡単に断線しますし、切れないまでもコネクタの接続部が緩んで接触不良になります。この場合、何も見えなくなればすぐ分かるにしても、中途半端につながっていると暴走したのか、という変な表示になったり一部または全部の操作が効かなくなったりしますが、まず100%接触不良です。

なお、以上はあくまで私個人の意見であり、単なるエピソードないし回想にすぎないこと、敢えて、ないしは記憶違いで誤記、ぼかした記載をしているかもしれないこと、もし私個人宛にご質問頂いても解答できない場合があること、ご了承ください。

これら全てを含んで、日本無線株式会社の公式見解ではないこと、また外部接続機器ないしソフトの自作、それにもちろん内部改造も、あくまで自己責任において行うこと、もしこれにより不具合が生じても補償や修理その他には一切応じられないことを明記しておきます。それから今現在私自身も同社の社員ではないことも、です。

全てを了解、把握できた方以外は絶対にねじを外してNRD-545のふたを開けようとしないでください。(説明書にあるオプション取り付け方法の場合のみを除く) 同じく自作(日本無線が非承認のものを意味します)機器、自作ソフトの外部接続もしないでください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:70/122 《前のページ | 次のページ》
/122