teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


試験電波

 投稿者:ODJメール  投稿日:2009年12月12日(土)20時28分4秒
返信・引用 編集済
  夜間はノイズが多くなるので受信しにくいかもしれませんが、
今夜22時まで136.5KHzで試験電波を発射いたします。
(すでに出ております。)
 
 

QRSS120

 投稿者:ODJメール  投稿日:2009年12月12日(土)09時11分18秒
返信・引用
  昨日まで出張しており書き込みが遅くなってしまいました。

JA1CGM様
毎度レポートをありがとうございます。
非常に参考になります。
いつも安定して飛んでいるようで安心いたしております。

7L1RLL様
TX2200Aのオプション付きを購入しました。
やはりメーカー製はコンパクトで軽量ですね。
勉強不足でWSPRについては無知ですが、チャレンジしてみたいです。

年度末まで出張が多く、書き込みのレスポンスが悪くなり申し訳ございません。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

136KHz送信機

 投稿者:7L1RLLメール  投稿日:2009年12月 7日(月)22時38分49秒
返信・引用
  (1)Thamway TX2200A/50W(TCXOオプション付き,最小ダイヤル:1Hz,+-1ppm)
   これは,QRSSに実用上充分な周波数安定度があります。137780HzでQRSS120
   を送信してもQRHは0.01Hzでした。一方,TCXOオプションなし機ですと,QRSS
   には,無理な仕様(10ppm)の無線機に落ちてしまいます[幣Web参照]。
(2)WSPR(電波形式:F1B)は,自作機
   DX向きには,誤り訂正符号(畳み込み符号)で誤った符号まで復元する
  WSPRモードの運用を想定し,へたな自作で望むつもりです。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~7l1rll/radio.html

 

137.777

 投稿者:ja1cgm  投稿日:2009年12月 7日(月)08時35分24秒
返信・引用
  odj様
受信レポートです。 qrss120の設備ありませんので、内容わかりませんですが、信号は539で
良好に受信できて居りました。Sメータ3ですので前回同様です。cgm 73
 

QRSS120

 投稿者:ODJメール  投稿日:2009年12月 6日(日)15時45分26秒
返信・引用
  今日の16時から137.777KHzでビーコン(QRSS120)を発射いたします。
受信レポートをお待ちいたします。
 

Re: NHKラジオ送信所

 投稿者:JH1GVY  投稿日:2009年12月 5日(土)17時44分27秒
返信・引用 編集済
  > No.271[元記事へ]

素晴らしい写真を有難うございました。
AMラジオも、昔の木造住宅ばかりの時代から、マンション住まいとか鉄骨構造の一戸建てとか、雑音が増えたとかで聞え難くなっていると思われますね。

240mのアンテナを梯子で登るのも大変ですね!
 

NHKラジオ送信所

 投稿者:ODJメール  投稿日:2009年12月 5日(土)16時49分3秒
返信・引用 編集済
  埼玉県菖蒲町にあるNHKラジオ送信所の写真です。
1枚目は整合器です。「器」というより「室」ですね。
出力300キロワット(教育は500キロワット)に耐えるには大変です。
2枚目は240m高のアンテナの内部です。
外には3つの梯子がありますが内部には1つの梯子があり、航空障害灯の制御機器類が取り付けられています。
日中は送信しているので登れませんが、アンテナの頂部から天気の良い夜間には新宿のビルや東京タワーが見えます。
3枚目の写真はラジオのSSB短波送信機です。
今は閉局してしまいましたが800ワットでAM放送と同じ内容を送信していました。
アンテナはカーテン型でした。
 

新島のロラン

 投稿者:ODJメール  投稿日:2009年12月 5日(土)16時20分5秒
返信・引用
  5年前に仕事で行ったときの写真です。
1枚目の写真は電力増幅器です。
1台で尖頭値150キロワット(だったと思います。)出ます。
この1台で1/4λを増幅し、4台で1周期を増幅するように切り替えて使用しています。
この4台を1組として16組を電力合成して1.6メガワットとしています。(全部で64台)
受信機で100KHzを聞くと「カタカタ」という音が聞けると思いますが、この部屋の中でも同じ音が聞こえます。(モニタの音ではなく機械自身から出ています。)
2枚目の写真は制御部です。
グレーのラックの左には一千万円以上するセシウム発信器が2台(現用+予備)実装されています。
3枚目の写真は本土や南鳥島と連絡するための無線機です。
すみません。周波数の一部にモザイクをかけさせていただきました。(周波数帳には載っていますが)
アンテナはHF帯のログペリ(固定式)です。
南鳥島の閉局、時代の流れを感じます。
 

Re: 135KHz帯ノイズ多し

 投稿者:ODJメール  投稿日:2009年12月 5日(土)14時56分13秒
返信・引用
  > No.267[元記事へ]

ADSLの帯域内ですからノイズが多くて当たり前ですね。
部屋の蛍光灯がインバータ式(グロー球の無いタイプ)で、点灯させるとノイズがかなり出ます。
それからエアコンも酷いノイズが出ます。

私もアンテナを製作するに当たり135KHz帯の測定器を自作しようと思っていましたが、簡易的な電流計(値は計れませんが電流の増減が分かる程度)で調整しました。
思っていたより簡単に調整が済んで安心しました。
とは言うものの実際のインピーダンスが知りたくてインピーダンスメータを借りて測定しました。
 

Re: 135KHz帯ノイズ多し

 投稿者:JH1GVY  投稿日:2009年12月 5日(土)09時31分45秒
返信・引用 編集済
  > No.266[元記事へ]

アンテナのインピーダンスは、大体この程度になり、リアクタンスさえ打ち消せていれば大体はインピーダンスマッチングは不要ですね。
 接地抵抗20オーム、ローディングコイル損失抵抗20オーム、その他+αで、必然的にSWRは大体2以下になる。LF帯のSWR計は不要?
アンテナを作る前にはSWR計とか測定器をどうしようと真剣に考えましたが、アンテナを作ってみたらそのような測定器は不要でした。唯一、アンテナの同調を取る為のローディングコイルの調節の為などにアンテナ電流のモニターが必要でした。電流の大きさを知る較正も簡単です。
 

レンタル掲示板
/12