teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7/9 菅平ラグビーフェス MRFCRainbow戦の結果

 投稿者:山田  投稿日:2018年 7月 9日(月)14時28分19秒
  7/9 菅平ラグビーフェス MRFCRainbow戦の結果です。
10:00キックオフ @サニアパーク

  『スコア』
●世田谷・ぜんかい 〇MRFCRainbow
 <前半>
 2 T 4
 2 G 2
 <後半>
 2 T 5
 1 T 3

26 - 55

『トライ』
山下2、渡辺(ぜんかい)1、野々山(ぜんかい)1

『MOM』
小林(ぜんかい)

『出場メンバー』
〈前半〉   〈後半〉
1 山村 (ぜんかい)
2 齋藤
3 岡本 (ペンギン)
4 半田
5 小林 (ぜんかい)
6 橋本
7 磯 (ぜんかい)
8 持田
9 山下
10 山之内
11 中林
12 松下
13 山田
14 野々山 (ぜんかい)
15 渡辺 (ぜんかい)
 
 

7月8日 菅平試合報告

 投稿者:山之内 利光  投稿日:2018年 7月 9日(月)12時16分31秒
  参加者
松下、半田、山田、中林、持田、山下、齋藤、橋本、
ぜんかいピアーズ5名、ペンギン1名、坂本、山之内、
計16名

心配していた天候も晴れ上がり、20度くらいのグッドコンディションでの愛知県mrfcとの試合でした。

相手はオーソドックスに敵陣にキックで攻め込んで、マイボールになるとボールをキープしアタックし続け、余ったところで大外でスコアをしてくるといったしっかり練習しているであろうお手本のようなチームでした。
我々もアンストラクチャーからスコアを重ねましたがダブルスコアに近い点数で敗れてしまいました。

ただ我々世田谷倶楽部もワンチームとなり練習したことをゲームにて力を発揮できたとしたら決して勝負にならない相手でもないとも感じています。

ピークを都大会に設定しているので、モチベーションの問題もあるかも分かりませんが、菅平合宿または試合は世田谷倶楽部が大切にしてきたイベントのひとつです。

去年が11名、今年が9名とワンチームが作れない状況になっていますので、来年は是非とも15名以上で臨めるよう気持ちと予定をしっかり立てておいてください。

以上、よろしくお願いいたします。
 

7月1日 練習報告 + 新体制の発表

 投稿者:山之内 利光  投稿日:2018年 7月 1日(日)16時12分2秒
編集済
  参加者
鏑木、長瀬、松下、西田、加藤イ、伊東、半田、青柳、中林、持田、高橋、山下、小山、鈴木ノ、齋藤、古村、橋本、川畑、川端、山之内、以上、20名

本日は暑い日差しが照りつける中、タッチフット大会です。

まずはアップとして
「トップで走れないリレー」を行いましたが、
これがもっとスピーディーに行えて
「ストレッチ前に危険だよ。」との声が上がることを期待しております…。

ストレッチ後、「みなさん大好きタッチフット」を
15分×2セット
20分×2セット
と、お腹いっぱいタッチフットを楽しみました。

レフリーをしていて
「アタックが好き。ディフェンスが嫌い。」の傾向を感じました。
と言うのも、
アタックの時はアイデアを具現化するためにコーリングの質や動き自体もいきいきとしているように見え、
その反面、ディフェンスの時は戻り自体が遅かったりワンラインでアップし続けるのが困難に見えました。

遊びの要素も含めたタッチフットではありますが、遊びを真剣に突き詰めることも必要。
今期掲げた「アタックル」もタッチフット時に意識しなくてはいけません。
これからはディフェンスし続ける楽しさも追求していきましょう。


練習後に、ドトールコーヒーにて、
松下
西田
青柳
齋藤
山之内 で今期の反省、来期の新体制についてスタッフミーティングを行いました。

今期は都大会を最終目標として取り組みディビジョン2に昇格できたこと。

またその間にグアム遠征も果たし国際交流ができたこと。

非常にアクティブに挑戦することができた年でもありました。

挑戦し続けてきた上で来期が始まるんだという認識のもと話し合いで来期新体制を決めました。

部長、松下
主務、西田
副務、山田の体制は変わらず
来期も御三方にはご苦労ばかりをおかけ致しますが宜しくお願い申し上げます。

現場スタッフには変更があり
齋藤副将
続木SSLが任期の終了となります。
本当にお疲れさまです。ありがとうございました。

現場の新スタッフは
留任副将に青柳
新任副将に川畑
留任主将に山之内で来期を進めていきます。

世田谷倶楽部メンバーみなさまのご理解ご協力のもと粉骨砕身の想いで取り組んで参りますので何卒宜しくお願い申し上げます。

また来週が菅平遠征、再来週が青柳、山之内が不在で申し訳ございませんが、年中無休の世田谷倶楽部。
暑い中での練習ではありますが、どしどしとご参加ください。

また今月末までに現場スタッフミーティングを行い
8月1週目から明確な来期スローガンを掲げますので、世田谷倶楽部メンバーみなさまのご理解、ご協力の方、併せまして宜しくお願い申し上げます。
 

休暇

 投稿者:加藤達郎  投稿日:2018年 7月 1日(日)08時46分51秒
  お疲れ様です。
5月に一度参加させて頂いてから、異動があり
日曜日に現場管理しなければならない事が増えまして、
なかなか参加出来ない事が続いてしまっております。
仕事が落ち着いてから、改めて参加させて頂ければと
思っております。
申し訳ありません。宜しくお願い致します。
 

6/24 世田谷ロリーグ ペンギンクラブ戦の結果

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月30日(土)07時41分59秒
  6/24 世田谷ロリーグ ペンギンクラブ戦の結果です。
14:15キックオフ @砧グラウンド

  『スコア』
●世田谷   〇ペンギン
 <前半>
 3 T 3
 3 G 2
 <後半>
 5 T 2
 3 T 2

52 - 33

『トライ』
齋藤1、岩木1、青柳3、山下1、中林1、西田1

『MOM』
持田 & 古村 !

『出場メンバー』※13人制で実施
〈前半〉   〈後半〉
1 長瀬
2 齋藤
3 古村
4 半田
5 伊東
6
7
8 橋本 → 岩木
9 橘田 → 山下
10 青柳
11 中林
12 松下
13 山田
14 西田
15 山下 → 橘田

見学:山之内、加藤、前田

ペンギン助っ人:持田
 

6月24日 vsペンギン戦

 投稿者:山之内 利光  投稿日:2018年 6月24日(日)17時20分38秒
編集済
  参加者
松下、西田、長瀬、前田、加藤イ、伊東、半田、青柳、山田、中林、持田、岩木、山下、橘田、齋藤、古村、橋本、山下奥さま、坂本、山之内、以上、20名

午前中、天気が危ぶまれましたが、午後は晴天となり、蒸し暑さの中での世田谷リーグ、ペンギン戦です。
参加者数の関係で13人制での対決です。
立ち上がりにバックスで2本をスコアを許し幸先の悪いスタートでした。
身体を当てる前にペースを引き寄せられずブレイクダウンのファイトでも後手を踏む形となりました。
前半は3トライづつを取り合いましたが後半に入るとボールをワイドに散らしたり、アンストラクチャー時で優位に立ちスコアを広げていくことができました。
スイッチが入ると機動力を発揮するのは世田谷倶楽部らしさではありますが、前半の入りからコンスタントに出せるようにしていきましょう。
それには練習しかありません。
しっかり練習をして強化して参りましょう!
 

6/17 東京都クラブ選手権大会 mjkRFC戦の結果

 投稿者:山田  投稿日:2018年 6月18日(月)18時01分58秒
編集済
  6/17 東京都クラブ選手権大会 mjkRFC戦の結果です。
12:45キックオフ @三鷹大沢グラウンド

  『スコア』
●世田谷   〇mjkRFC
 <前半>
 2 T 4
 1 G 3

 <後半>
 3 T 5
 2 G 4

最終スコア31-59
.


『トライ』
前半:続木 西田
後半;山下 小山 続木

『MOM』
続木:終了間際の意地のトライ!

『出場メンバー』
〈前半〉   〈後半〉
1 鏑木 → 橋本
2 斉藤
3 古村
4 続木
5 岩木
6 スティーブ → 半田
7 加藤
8 川畑 → 大山
9 山下 → 青柳 → 橘田
10 山之内
11 小林 → 中林
12 松下 → スティーブ
13 小山
14 西田 → 山下 → 山田
15 青柳 → 吉川
16 橋本
17 半田
18 大山
19 持田
20 橘田
21 山田
22 中林
23 吉川

『スタッフ』
競技委員:宮崎
セーフティアシスタント:岩木
ボール係:坂本、川端
給水:荒川、長瀬
記録:山下
 

6月17日 mjk戦

 投稿者:山之内  投稿日:2018年 6月18日(月)00時55分2秒
編集済
  参加者
鏑木、齋藤、古村、纉木、岩木、スティーブ、加藤イ、川畑、山下、小林、松下、小山、西田、青柳、橋本、半田、大山シ、持田、橘田、山田、中林、吉川、宮崎、荒川、長瀬、川端、山下奥さま、岩木奥さま、大山彼女さま、坂本、山之内、以上、31名。

本日は東京都大会最終戦、mjk戦でした。

都大会ディビジョン3で2連勝を飾り
来季ディビジョン2への昇格が決定しましたが
3連勝を目指し試合に臨みました。

序盤から相手バックスの外展開または個人技を止めきれずに厳しい立ちあがりとなりましたが、フォワードの近場が通用するとみて、そこを攻め込みスコアをし食い下がります。

しかし相手のスピーディーな攻撃についていけず後手に回りスコアを重ねられます。

最後にフォワードの近場でスコアを取り切り意地はみせられましたがそこでノーサイド。

乱打戦を制することができず負けてしまいました。

でもメンバーみな諦めることなく果敢に最後までアタックまたはアタックルをし、残念ではありますが誇らしい敗北と言えます。

この日を目指し、また迎えられたこと、
スタメン、リザーブ、スタッフが一丸となり臨めたことに対し
本当に感謝しております。
本当にありがとうございました。
本当にお疲れさまでした。
 

6/17 Div3優勝決定戦(vs mjk)について

 投稿者:西田  投稿日:2018年 6月11日(月)22時31分36秒
  山之内組

待ちに待った都大会最終戦!
ノーサイドの笛が鳴る最後まで全てを出し切ろう!
Div3全勝優勝!
全員で必ず有終の美を飾ろう!!!


日時:6月17日(日)12:45KO

場所:三鷹大沢G http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/001/001658.html

集合場所:京王線 調布駅北口ロータリー

集合時間:電車組・くるま組ともに10:15【時間厳守】


   ※ぐるすけのメモ欄に各自集合方法、及び集合場所を入力してください。
   ※ぐるすけの登録は各自全力で早めにお願いします。

スタイル:黒緑段柄 + 黒パンツ(条件があるので注意) + 黒緑ソックス

100分前受付:11:05

 80分前プレマッチMTG:11:25全員集合

※念のため各自アップシューズを必ず持参すること。

※事前に爪は切っておくこと。
 

6月9日 オールドソークス(グアムラグビークラブ)戦

 投稿者:山之内  投稿日:2018年 6月11日(月)12時34分36秒
編集済
  参加メンバー
1、鏑木
2、渡辺(ぜんかいビアーズ)
3、篠崎(ぜんかいビアーズ)
4、半田
5、橋本
6、磯西(ぜんかいビアーズ)
7、持田
8、川畑
9、山下
10、山之内
11、小林
12、山田
13、遠藤(ぜんかいビアーズ)
14、西田
15、日名子(ぜんかいビアーズ)
の試合メンバーで
ぜんかいビアーズの女性2名
坂場
山下みよ子
坂本ちえ
のスタッフです。

グアムの照りつける太陽と蒸し暑さで30度を超える中、オールドソークスとのキックオフを迎えました。
40歳以上のチームとはいえ
190cm 100kg以上がゴロゴロといる強敵です。
キックオフから敵陣に入り攻め込みますが、予想通りブレイクダウンの攻防で長い手とパワーでなかなかスコアができず攻めているのに苦しむ展開となります。
そんな中バックスでギャップを見つけ10番がスコアをします。
(これが何を意味するかは後述します…。)
中盤はラインアウトモールからのゴリ押しでスコアを重ねられ苦しい時間帯が続きます。
そんな中、相手がバテてきたと睨み、バックスで展開しようとゲームプランを立て直し、8番の独走、大外まで回し11番の左、14番の右でスコアを重ねられる理想の展開に持ち込めました。
死力を尽くしたゲームもノーサイド。
40 vs 22(6T5G vs 4T1G)で勝利!
最高の瞬間を迎えました。
ノーサイド後、健闘を讃え合い、ガッチリ握手と抱擁後、早速ビールが振る舞われました。
そんな和気あいあいムードも束の間、オールドソークスの儀式が始まります。
「ファーストトライをした者、裸でゴールラインまで走りスタージャンプ10回!」
やりましたよ、だって儀式なんですから…。
全身ビールだらけにしていただきました。
ありがとうございます!

その後、アフターファンクションパーティーがありお互いに芸で身体を張り合いました。
世田谷倶楽部12番、身体を張り続けてくれて(脱ぎ続けてくれて)ありがとうございました。
またぜんかいビアーズとの練習試合の時の10番と13番が20代と分かり(オールドソークスは全員40代のため)ビールを沢山いただく公開処刑。
世田谷倶楽部の20代2名は上手いこと逃亡。
そのかわり責任をとる形でキャプテンである10番がビールを沢山いただく公開処刑に。
やりましたよ、だって儀式なんですから…。

そんな楽しい夜の場を設けていただき、更に、
金曜夜はウェルカムパーティー
日曜朝からバーベキューパーティー
オールドソークスの歓迎には只々感謝しかありません。

今後も交流を深められたら幸いと思い来日の提案をしました。
すると「来年、ラグビーワールドカップを観に来日するからその時に再戦しましょう!」
と約束をしてくれました。

個人的な感想で、
本当に実現したんだな。と今更ながら感慨深くなっております。
また本当に良い思い出となりましたし、チームメンバーとして絆も深められたと嬉しく思います。

以上、2018グアム遠征日誌でした。
 

レンタル掲示板
/121